I'm kubosho_

思想の固まり

CSS イベント「Back to Basics」に行ってきた

CSSイベント「Back to Basics」というのが昨日(2015/8/30)あって、そのイベントに発表者として参加してきました。

自分の発表資料は以下のものとなります。

CSSイベント「Back to Basics」2015/08 - Togetterまとめを見たり、懇親会で話した限りでは、好評だったようで良かったです。

あと、Togetter を見ると分かるのですが、今回のイベントは参加してくれた方々がツイートをたくさんしてくれました(本当にありがとうございます)。

そのおかげか、Twitter のトレンドにも入っていました(曜日と時間帯的に入りやすかったというのもあるかもしれないですが)。

f:id:kubosh0:20150831013250p:plain

準備

1ヶ月弱前から発表に向けて準備をしていて、まず資料のアウトラインと詳細をほぼ同時並行で作りつつ、他の発表者にレビューをしてもらって、発表資料をより良くしていきました。

なお、最初は background-* プロパティの全てを解説していこうと思いました。

しかし、その場合だと発表時間(30分)内に仕様とブラウザーの実装を掘り下げつつ、なるべく分かりやすく伝えることができないと思ったため、途中で background-image と background-size プロパティを中心に話すことを決めました。

また、今回の趣旨として「CSS の基礎に立ち返り、仕様やブラウザーの実装などから CSS を見つめ直す勉強会」というのがあったので、W3C の仕様書とその日本語訳のみを参考資料として使い、ブラウザーの実装も自分で実際に確認するという縛りを付けました。

参考にした資料は以下の通りになります。

上記の仕様書の日本語訳は以下の通りになります。

日本語訳してくださっている、広瀬行夫さんと momdo さんには非常に助かっています。ありがとうございます。

そして、事前練習として木曜日(2015/8/27)に話してみたのですが、20分かからずに話し終えてしまったので、そこでいただいた意見を元に資料の構成を変更したり、なるべく話す時に動きを取り入れたりしました。

資料作成で危なかった点

今回サンプル画像として猫の画像を使ったのですが、その画像は lorempixel という Web サイトのレイアウトを確認するための画像を提供しているサービスから取ってきたものでした。

lorempixel の画像は、レイアウトの確認目的で使う場合には、CC BY-SA で使えるという旨が書かれているのですが、それ以外の目的での使用については、ライセンスを確認する必要がある旨が書かれていました。

そのため、前日に改めて画像を確認してみたところ、Flickr 上でライセンスが All Rights Reserved となっている画像があったため、差し替えたというのがありました。

話してきた感想

まず、27分くらいで話し終わることができて良かったです。なんとか頭が真っ白にならずに話したいことが話せました。

話している時に、なるべく見ている方々のほうを向きたかったですが、つい画面のほうを見てしまったのは反省点かなと思います。

また、他の発表者の方々からのレビューや、自分で仕様書を何度も見返しつつ資料を作りましたが、それでも資料の内容が合っているのか、話したいことは話せるのか、終わった後に Twitter を見た時にマサカリがいっぱい飛んでいたらどうしようなどと考えると、胃が痛かったです。

まとめ

今回は発表者側としても、とても勉強になったイベントでした。次回ももしあったら、30分枠だったり LT 枠で話す側に再びなりたいなーと思います。