学ぶ、考える、書き出す。

学習し、自分なりに噛み砕いて、書き出すブログ。

ブログを国際化対応した

当ブログのUIで使う文言を国際化対応しました。

Introduce i18n by kubosho · Pull Request #933 · kubosho/blog.kubosho.com

国際化対応にはrosettaという軽量の国際化対応ライブラリーを使いました。

文言だけを各言語に対応させる分には必要なAPIが揃っていたのと、bundle sizeが426バイトだったのでJavaScriptのサイズが大きくならないのも良いと思い、rosettaを選択しました。

きっかけとしては、Androidアプリでの開発ではLintで文字列に都度IDを振って文字列リソースとして記載するよう指摘される旨のツイートを見て、Webでも同じ対応を入れていいはずと感じたためやりました。

正直あまり深く考えずにやれそうだからやりますわ~という感じでやりました。

感想としては、文言が特定のディレクトリに集約されたため、文言を変えるときに作業が楽になるなと感じました。

多言語対応という意味では現状日本語しか対応していないため、国際化対応によって何か得られたというのは無いです。

今後はブログの記事も多言語で書けるようになっていきたいです。

記事を共有する

関連記事

  1. ブログ記事を投稿するためのフォームを作った

    はてなブログのMarkdownによる記事編集画面やesa - 自律的なチームのための情報共有サービスのように、本文の編集画面とリアルタイムプレビューが横並びになるような投稿フォームが個人的に好みです。

  2. AVA上でsinon.useFakeTimers()を複数のテスト内で実行するとエラーが出る

    最近Sinon.JSのバージョンをv14.0.0に上げたときに、エラーが出てテスト実行が失敗するようになりました。

  3. 自分がアクセシビリティ向上に力を入れる理由

    いま自分は、担当サービスのアクセシビリティ向上を推進する「アクセシビリティタスクフォース」を率いる立場になっています(アクセシビリティタスクフォースについては AbemaTV ABEMA iOS版アプリのアクセシビリティ向上支援 | 事例紹介 | 株式会社コンセント で少し触れられています)。

  4. Twitterの右サイドバーを非表示にする

    Twitter のトレンドを見ると、イラつきを覚えるようになりました。そんなにイラつきを覚えるようなら見なければいいし、そもそも Twitter やめろという話はあります。