学ぶ、考える、書き出す。

ロジクールのStreamCamを買った

ロジクール StreamCamが Amazon のブラックフライデーで安くなっていたので買った。
値段はもろもろ割引が入って 13,320 円だった。ただ 今の Amazon 上の値段がグレーと白ともに 14,800 円で売られていた。
しかもグレーのほうは 5% 割引が効くということで少し複雑な気持ちになった。

箱はこんな感じで、特に言うことはない。

ロジクールStreamCamが入った箱

カメラをディスプレイの上に置くとこんな感じ。見た目としては悪くない。
土台部分の縦幅が狭いので、ベゼルが狭いディスプレイでもはみ出さないのは良い。

ロジクールStreamCamの見た目。カメラ部分は角丸の長方形で真ん中にカメラがあり、周辺をマイクが覆っている
ロジクールStreamCamをディスプレイの上に置いた場合、ベゼルが狭くてもはみ出すことがない

また JOBY のゴリラポッドにも対応しているのは良い。基本はディスプレイに載せたままなので三脚に載せるのはあまりしてないけど…

難点を上げるとすれば、プラグの形式が Type-C であること。
普段から MacBook Pro と Windows PC を切り替えて使っているので、Web カメラは USB 切替器に繋げておきたい気持ちがある。
ただ仕様違反の USB Type-C 変換アダプターが売られている話という話があり、USB Type-C レセプタクルがある機器は問答無用で仕様違反かつ一歩間違うと危ない代物なので、しかたなく Web カメラは付け替えている。

肝心のカメラ性能は、今まで使っていたロジクール Webcam C270nと比較すると以下の点が変わった。

  • 画質が向上した
  • 画角が広くなった
  • 手を振ってもブレなくなった

全体的な感想としてはかなり満足。今年買って良かったものの一つになった。

記事を共有する

関連記事