記事一覧

  1. ブログを国際化対応した

    当ブログのUIで使う文言を国際化対応しました。

  2. AVA上でsinon.useFakeTimers()を複数のテスト内で実行するとエラーが出る

    最近Sinon.JSのバージョンをv14.0.0に上げたときに、エラーが出てテスト実行が失敗するようになりました。

  3. KanbanFlowのプレミアムプラン登録までの気持ちよさ

    KanbanFlowをかなり使っている。

  4. 京都芸術大学 通信教育部芸術学部デザイン科イラストレーションコースに入学した

    2022年4月からイラストを本気で学ぶべく大学に入学した話です。

  5. ベストオブ2021

    2020年の振り返りと2021年の目標立てで書いたことを振り返ろうとしたものの、あまりできてなくて記事を書く気持ちが高まらなかったので、ベストオブ2021 - dskdのフォーマットに沿って、ベストオブな2021を振り返ろうと思う。

  6. Anker Eufy RoboVac L70 Hybrid が壊れた

    Anker の製品保証で残念に思った話です。

  7. 自分がアクセシビリティ向上に力を入れる理由

    いま自分は、担当サービスのアクセシビリティ向上を推進する「アクセシビリティタスクフォース」を率いる立場になっています(アクセシビリティタスクフォースについては AbemaTV ABEMA iOS版アプリのアクセシビリティ向上支援 | 事例紹介 | 株式会社コンセント で少し触れられています)。

  8. 自分だけで進めようとしすぎるのをやめたい

    最近やっている仕事がスムーズに進まないと感じていて、それはなぜだろうと考えました。考えた結果、チームで進めたほうがいいものなのに自分だけで進めようとしすぎているのではと考えました。

  9. 9 連休の成果

    2021 年 9 月の連休をこんな感じで過ごしたというメモ。

  10. 良い体験を提供してくれた人に対して対価を支払いたい

    7/18 に Ani Love KYOTO presents 内田彩 Symphonic Concert ~ en and ett ~ というコンサートに行ってきた。

  11. Twitterの右サイドバーを非表示にする

    Twitter のトレンドを見ると、イラつきを覚えるようになりました。そんなにイラつきを覚えるようなら見なければいいし、そもそも Twitter やめろという話はあります。

  12. PreactとTypeScriptを使った環境でStorybookを使う方法

    Preact と TypeScript を使った環境で Storybook を使おうとしたら以下のエラーが出ました。

  13. 2020年の振り返りと2021年の目標立て

    今年の振り返りと来年の OKR を書いていく。

  14. 2020年の F1 の振り返りと2021年の F1 に期待すること

    Splathon vol.1 Advent Calendar 2020 の 23 日目の記事となる。

  15. WH-1000XM4を買うかどうか迷っている人は今すぐ買おう

    今年のベストバイガジェット Advent Calendar 2020 の 21 日目の記事となる。

  16. ロジクールのStreamCamを買った

    ロジクール StreamCamが Amazon のブラックフライデーで安くなっていたので買った。

  17. WindowsでもmacOSのようなキー操作を実現する

    前から macOS のように Windows でも Ctrl キーを使ったカーソル移動をおこないたいと思っていました。

  18. 休日に気分が落ちこんで何もできないことが続いたので心療内科に通うことにした

    2020 年の途中くらいから休日に何もできないことが増えたので、心療内科に通うことにした。

  19. 自作 PC を組んで運用し始めてもうすぐ1年が経とうとしている

    2019 年の 9 月頃に自作 PC を組んで運用をおこなっているが、自作 PC について Twitter でしか書いてなかったため、ブログにも書いて自作 PC はいいぞというのを伝えていきたい。

  20. 記事の内容が思いつかない症候群

    2019 年は丸 1 年ブログの記事を書かず、2018 年も長い記事を書いていなかった。

  21. ブログの記事管理をContentfulからGitリポジトリに変更した

    このブログは最初はてなブログで書いていて、1 年前にこっそり Next.js + Contentful という仕組みに変えて運用していた。

  22. リモートワーク体制になって変わったこと・変わらなかったこと

    Twitter を見ていたら「フルリモート体制になった人に聞いてみたいことを考えてみた」というツイートが流れてきた。

  23. WSL上のChromiumでPDF出力をする

    Windows Subsystem for Linux(WSL)上で Headless Chrome を使って、PDF 出力をしてみました。

  24. TypeScriptのsetInterval()の返り値には罠がある

    以下のようなコードを書いた場合、TypeScript から JavaScript へコンパイルする時、もしくはエディタ内で Type 'Timer' is not assignable to type 'number'. と怒られます。

  25. Atomic Designを実案件に導入して運用してみた結果はどうなのか

    かつてAtomic Design の考え方と利点・欠点という記事を書きました。

  26. CSSを破綻させない

    12/3(土)にCSS を破綻させないという内容をbuilderscon tokyo 2016で話しました。

  27. 人生に悩んでいる20代後半〜30代前半は夏アニメのReLIFEを見たほうがいい

    録りためていた夏アニメのReLIFEをこの休日を使って一気見したのですが、ストーリーが自分にぶっ刺さり、また自分の人生を見つめ直し、これから後悔しない人生にするためにはどうしたら良いのか考えるきっかけになったので、ReLIFEは何がいいのかを一応ネタバレをさけつつ書いていきます。

  28. Atomic Designの考え方と利点・欠点

    Atomic Design はデザインシステムを作る方法論となります。

  29. ErgoDox EZを2週間使ってみた感想

    最近夏コミに向けての執筆や Twitter クライアント作成に忙しいですが、それらを支える物として最近 ErgoDox EZ が加わりました。

  30. Chromium のチャンネル間で変更された点を確認する方法

    とある事情により、Chromium の stable と beta チャンネル間で変更された点から、バグが直されたコミットがどれなのか確認する必要に迫られました。

  31. Nicoのこれまでとこれから

    Bootstrap Advent Calendar 2015 8日目の記事です。

  32. なぜ CSS や Grunt はつらいと言われるのか

    少し主語を大きく書いてしまいましたが、\*.css と gruntfile.js についての話です。

  33. fs.exists()がdeprecatedになった理由

    wearefractal/vinyl-fs の dest(folder, \[opt]) が出力先のディレクトリが無い場合でも、そのディレクトリを作ってくれないということで、自分で「ディレクトリの有無を確認して、無い場合はディレクトリを作る」という処理を作る必要がでてきました。

  34. MindBEMding の Modifier は元のクラス名と一緒に指定するべきか否か

    MindBEMding の Modifier を定義する際、単一のクラスセレクタで書く方法と、複数のクラスセレクタで書く方法があると思います。

  35. GitHub の Contributions を Ingress の Resistance 色にする Chrome 拡張を作った

    GitHub の Contributions を眺めていて「これって Enlightened の色だよね」と思ったので、Resistance の色に置き換えるような Chrome 拡張を作ってみました。

  36. 編集しやすいCSSにするために自分が心がけている事

    CSS は、書くのが怖いと自分は感じます。

  37. background-image はアニメーション出来ない(問題と解決のコード付き)

    何が起きたか

  38. 神獄のヴァルハラゲートの CSS 設計

    CSS Architecture Advent Calendar 2014 9 日目の記事になります。

  39. colgroup 要素や col 要素は適用できる CSS のプロパティに制限がある

    やりたかったこと

  40. カラーコードかどうかを判定する正規表現

    カラーコードを表現する正規表現を書いてみました。

  41. RGB 値かどうかを判定する正規表現

    RGB 値を表現する正規表現を書いてみました。