学ぶ、考える、書き出す。

学習し、自分なりに噛み砕いて、書き出すブログ。

RGB 値かどうかを判定する正規表現

RGB 値を表現する正規表現を書いてみました。

^((2[0-4]\d|25[0-5]|1\d{1,2}|[1-9]\d|\d)( ?, ?)){2}(2[0-4]\d|25[0-5]|1\d{1,2}|[1-9]\d|\d)

これで大丈夫っぽい。検証に使った文字列は以下の通り。

0
20, 198
0, 0, 0
2, 3, 9
12, 10, 3
24, 32, 56
22,32,21
243, 254, 101
234, 222, 278
229, 187, 123
192, 213, 226
226, 226, 228
198, 174, 111
94, 23, 89
12, 45, 85
21, 32, 61
22 , 32 , 41
あ, お, う
a, b, c
256, 256, 256
-1, 23, 4

検証に使ったサイト

Regular Expression Playground - version 1.0

Global (g)と Multi-line (m)のオプションを使いました。

参考

記事を共有する

関連記事

  1. ブログ記事を投稿するためのフォームを作った

    はてなブログのMarkdownによる記事編集画面やesa - 自律的なチームのための情報共有サービスのように、本文の編集画面とリアルタイムプレビューが横並びになるような投稿フォームが個人的に好みです。

  2. ブログを国際化対応した

    当ブログのUIで使う文言を国際化対応しました。

  3. AVA上でsinon.useFakeTimers()を複数のテスト内で実行するとエラーが出る

    最近Sinon.JSのバージョンをv14.0.0に上げたときに、エラーが出てテスト実行が失敗するようになりました。

  4. 自分がアクセシビリティ向上に力を入れる理由

    いま自分は、担当サービスのアクセシビリティ向上を推進する「アクセシビリティタスクフォース」を率いる立場になっています(アクセシビリティタスクフォースについては AbemaTV ABEMA iOS版アプリのアクセシビリティ向上支援 | 事例紹介 | 株式会社コンセント で少し触れられています)。